針金の巻き方 色々…ワイヤーリーフで

ワイヤークラフトで*葉っぱ*作り!

本日は、葉っぱ作り”と言うより

ワイヤー表現を画像で紹介します。

同じ形でも数本まとめて曲げたり、巻き方次第で外観が変わります。

デザインの幅も広がると思うので、一つの参考としてのご紹介!

<最初はワイヤーの曲げ方から>

ワイヤークラフトと言うと、1本で成型することが多く、複数本まとめて曲げると言う事は少ないと思います

<ワイヤーをまとめて曲げる>

下の画像は「水引」という手芸を参考に…ワイヤーで試した物。

一応コレも…葉っぱ”です。

『言われてみれば そうかしら!?』

みたいな葉っぱ”ですが、その辺はスルーでお願いします…。

f:id:kk2Qh7k2:20190906235346j:plain
着目して欲しいのは、そこじゃなく

まとめて曲げた、ワイヤー感”に目を向けて下さい!

ワイヤー感”…?ってちょっと変な言い方だけど…

とにかく細い針金も、まとめて折り曲げるとボリュームが増幅します。

それに、重なりあった部分は立体感”も出てきます。

f:id:kk2Qh7k2:20190906235433j:plain
お試しは、ワイヤー2本からどうぞ。

画像の手順で進め、最後は裏側に折り曲げれば完成です。

部分的に使ってみるのも良いし

「文字」などを作っても、面白いと思います!

途中でバラけそうな感じのモノなら、先端を結束してから、始めれば大丈夫。

f:id:kk2Qh7k2:20190906235512j:plain
ワイヤー1本では表現できないデザインも、本数が増える程に外観が変わります。

今回は<葉っぱ?>で試したけど、他の形でも応用できますね!

皆さんの作品にも、如何でしょう!?

是非一度、お試しを…!

<ワイヤーの巻き方色々>

次に紹介するのは<ワイヤーの巻き方>です

ワイヤークラフトと言うと、曲げる・捻じる・巻き付ける!

ここまでは、人に教えて貰わなくても、針金を手に取れば、子供でも理解できるノウハウです。

針金細工の初心者サイトでは、曲げる・捻じるは記述をしても

巻き付ける”の記述が殆ど見当たりません。

初心者にこそ、役に立ちそうな巻き方が幾つもあるのに!

写真1枚あれば、説明ナシでも参考になるのに何で~…!?

画像だけでも貼り付けなさいyo!

と、ココで不満を言っても何も変わりません

だから、初心者の私が試した画像を貼り付けます。

f:id:kk2Qh7k2:20190906235557j:plain
これでも一応〝葉っぱ〟!

用途不明の、只々ワイヤーの巻き方を試しただけの葉っぱです!

一見、アクセサリー系だけど…

手のひらサイズなので…ソレ系”には大き過ぎ。

目を向けて欲しいのは、デザインじゃなくて、針金の巻き方!

f:id:kk2Qh7k2:20190906235626j:plain
私は独学!ココに辿りつくまで余計な時間が掛かっています。

何も知らずに作るより…知ってから作る方が、デザインも時間も格段に違ってきます。

針金細工は〝基本なんてナイに等しい手芸です!〟

でも、このワイヤーの巻き付け方だけは、知ってる数だけ制作範囲が広がります。

f:id:kk2Qh7k2:20190906235655j:plain
巻き方次第で、ペンチで締め付ける部分も少なくなり

ワイヤーに傷を付けると言うリスクも減らせます。

これが進展すれば、今度は編み込みまで進んじゃうかも…!!

f:id:kk2Qh7k2:20190906235723j:plain
編み込みは裁縫の分野ですので、そちらを参考にするとしても…

裁縫ではできない表現も、ワイヤーなら可能な部分もあるはずです。

色々な巻き方が使えれば、巻き方自体がデザインにも…。

ジャンルにこだわらず、皆さんも色々と試して*手芸の引き出し*をドンドン増やしちゃいましょうネ!

応用できそうな所が見付かったら コメント欄を使っても良いので、教えて下さい!

次回は雑記。以前作ったワイヤーフラワーの続編です!