1本の針金で作る葉っぱ/One-stroke編1

ワイヤークラフトで*葉っぱ*を作りませんか!

ワイヤーリーフ

One-stroke編①

1本のワイヤーで完成させる〝葉っぱ〟です

【難易度別】初級~上級 ランダム

作り方の一例と参考画像

<使用材料と道具>

・制作材料 アルミ線1mmφ

・使用道具 ピンセット/ニッパー

このサイトで作っているモノは

上記の材料と道具があれば、だいたい作れてしまいます

※ 材料も道具も100円ショップの商品を使用中

<作り方>

今回は初級編③の進行形!

初級③の最終地点を延長し、葉っぱにシルエットを追加します

つまり、葉っぱの輪郭をハッキリ!クッキリ!させちゃいます。。。

f:id:kk2Qh7k2:20190906013242j:plain
上の画像で、①~③まで作ります

詳細をご覧になりたい方は初級編①で確認して下さいネ!

f:id:kk2Qh7k2:20190906013311j:plain
平面で成型したヘアピンカーブ

参考④

このヘアピンの先端部をピンセットで90°に起こします。参考⑤

画像では、一度〝葉っぱの枝〟を結束していますが、可能なら結束せず

最初の枝をトレースするように、もう1本追加して下さい。

葉っぱ全体の形状が、維持出来そうにもないと感じる方は

短く切ったワイヤーで枝”を仮止めして下さい。

また、2本で折り返した枝は当然太くなりますので、その辺はお好みで判断して下さい。

ここでは、結束せずに進めます。

90°に立ち上げたヘアピンの穴に、折り返したワイヤーを全て通して行きます。参考⑥

全ての穴にワイヤーを通したら、枝”部のお好きな場所でまとめれば完成です!参考⑦

f:id:kk2Qh7k2:20190906013341j:plain
これで輪郭がハッキリとした葉っぱになりました。

途中で結束せずに進めれば、最後の結束が綺麗に一回でまとめることができます。

デザインが複雑なものになると、仮止め個所も増えてきます。

仮止め個所が増えれば手間もかかるし、キズの原因にも…。

できるだけ仮止が少ない作り方を、おススメします!

f:id:kk2Qh7k2:20190906014505j:plain
これも一筆書き
葉っぱの上下にカーブを付ければ、奥行きも加わります

ワイヤーの太さや、ワイヤーの色なども替えて…お好みのデザインでお試し下さい。

f:id:kk2Qh7k2:20190906014041j:plain
One-stroke①
One stroke(一筆書き)で作れば、余計な廃材も出ません。

ピンセット1本あれば作れちゃう!

次回もそんな〝一筆書き〟

One-stroke編②へと続きます。